不動産投資は借入するより、現金の方が儲かる?

不動産投資は、現金で物件買いした方が儲かる。と思っていませんか?

「家賃収入から融資の返済が無いから手残りが多いし、売る時も借入がないから、気ままに売却出来る。」

こんな風に思っている方が意外と多いのです。

これは全くの誤解だとしたら、どうしますか?

『儲かる』という話にルールをつけて、見てみましょう。

例えば、「投資した金額に対して、どれだけ儲かったか?」というルール

<例題>
Aさん:現金投資派
500万円で物件を現金購入 購入諸経費50万円 年5%の手残り
5年間の手残り収支の合計 125万円
5年後に500万円で売却 売却手残り 500万円  合計625万円

Bさん:借入レバレッジ投資派
500万円で物件をフルローン購入 購入諸経費50万円 年1%の手残り
5年間の手残り収支の合計  25万円
5年後に500万円で売却 売却手残り 130万円  合計155万円

※A,Bとも、かなり数値をはしょりましたが、原理は同じです。
投資した金額に対して、どれだけ儲かったか?」で見てみましょう

Aさんは、投資額550万円に対して、5年後に625万円のリターンなので、
実質75万円儲けた事になります。
年に換算すると 75万円÷5年=15万円
550万円投資して、15万円/年 のリターンという事は、
15万円÷550万円=リターンは2.7%となります。

一方、Bさんは、
投資額50万円に対して、5年後に155万円のリターンなので、
実質105万円儲けた事になります。
年に換算すると 105万円÷5年=21万円
50万円投資して、21万円/年 のリターンという事は、
21万円÷50万円=リターンは42%となります。

ということは、Bさんの方が断トツ儲かったという事になるのです。

Aさんの方が一見金額が多いので、儲かったように見えるのですが、
実は利益率が全然違う事がおわかり頂けましたか?

 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA